日焼け止め UVケア

サイトTOP

ムラなく肌に伸ばす

日焼け止めをムラなく肌に塗る為には、少しずつ手の平に取って、そこから指ですくって塗ってあげると、とても塗りやすいです。

肌にムラを作らないように、均等に伸ばしてあげるように塗ってあげましょう。

塗りムラがあると、部分的に日に焼けてしまう事があります。

肌に色ムラを作ってしまう事がありますので、注意しましょう。



日焼け止めを塗ると、肌が白くなる事があります。

色が白くなるのを利用し、白くなる色の均等さを同じく作るように塗ってみましょう。

均等に塗る事が出来やすくなりますので、目安になります。



日焼け止めは、肌にすり込むように塗ってはいけません。

日焼け止めを肌にすり込むと、肌への負担が大きくなり刺激を与えてしまう事があります。

肌トラブルを引き起こす事がありますので、絶対にしてはいけません。

日焼け止めを塗る時は、丁寧に優しく塗りましょう。オルビスサンスクリーン(R)オンフェイスという日焼け止めは肌に優しい作りですのでお勧めです。

2~3時間おきに塗り直す事が重要

日焼け止めは、朝1度塗るだけで効果を発揮してくれる事は、皆無に等しいと言えます。

日中、汗や皮脂が肌から出るので、それらと混じってしまい、日焼け止めを崩してしまいます。

肌から汗のよう日焼け止めを流してしまうので、効果が無くなってしまいます。



日焼け止めの効果を夜まで発揮させる為には、2~3時間おきに塗り直してあげる事が大事となります。

メイクをきちんとしていて日焼け止めの塗り直しが不可能な場合は、スプレータイプの日焼け止めをメイクの上から付けてあげると良いでしょう。

首やデコルテ、手にもきちんと塗ろう

日焼け止めといえば、顔だけを重視してしまい、他のパーツには塗らない傾向の方も多いようです。

しかし、衣服をまとっていない部分は、顔以外でも紫外線を浴びてしまいます。

幾ら顔だけに日焼け止めを塗っても、他の部分が日焼けしてしまうようでは、全体の肌色の均等さが無くなってしまい、非常にかっこ悪くなってしまいます。

また、顔以外のパーツも、日焼けする事でシミ等のトラブルを発生させてしまいます。



顔以外の、首やデコルテ、腕や手などにも、きちんと日焼け止めを塗るようにしましょう。



顔以外の部分にシミ等が出来ると、非常にかっこ悪いですし、年齢を増して見られてしまいます。

スキンケアの中での日焼け止めを塗る順番

日焼け止めの効果を最大限に発揮する為には、スキンケアのどの時点で日焼け止めを塗るのかが重要となります。



日焼け止めは、化粧水と乳液の次に塗るのがベストです。

その後、化粧下地を塗って色補正してあげましょう。



また、BBクリームや化粧下地の中に日焼け止め成分が含まれている物もあります。

それらを使う場合は、別途に日焼け止めを付ける必要はないと言えます。

海や山等、紫外線が強い場所に滞在する場合は、別途に日焼け止めを塗ってあげるのが良いでしょう